日本で唯一アーチ橋を3つ同時に撮影できる、みやしたアーチ三兄弟

どうも、旅好きな、こまのすけです。

さて、無事、只見線第一橋梁を写真に収めることができ、次の撮影スポットである、みやしたアーチ三兄弟へ移動。

道の駅 みしま宿から車で7,8分といったところ。なので、すぐです。

只見線第一橋梁の撮影スポットからみやしたアーチ三兄弟の撮影スポットまでのトータルの時間は30分、余裕をみて40分もあれば大丈夫かな。

みやしたアーチ三兄弟の撮影スポットへの行き方と駐車場

みやしたアーチ三兄弟は、日本で唯一アーチ橋を一度に3つ写真に収めることができる撮影ポイントです。

撮影場所は只見線 会津宮下駅の近くにあり、車は三島町観光協会の駐車場に停めるといいです。

撮影ポイントまで歩いて、3,4分くらいでしょうか。駐車場から道に向かって右方向へ移動します。

一応、下調べはしていたものの駐車場から正面方向へ歩いてしまったため、ちょい迷子になりました^^

迷った理由はアーチ橋が只見川にかかる橋だと、勝手に思い込んでいたから。実際は只見川に流れ込む小さな川(たぶん大谷川)にかかる橋でした。

逆方向を目指してしまったので、見つからんわけです。行けども、行けどもそれらしい場所が見つからなかったので、近くにいた人に聞いて何とかたどり着きました。

正しくは、上でも書いた通り駐車場から道に向かって右方向へ移動します。↓ 道(県道237号)は右にカーブしますが、そのまま細い横道へと進みます。

横道へ入る

この道を上がると右手に撮影ポイントがあります。↓

アーチ三兄弟までの道

↓ 撮影場所は、撮影場所は民家の横。このような感じに軽く整備されていました。

アーチ三兄弟の撮影スポット

みやしたアーチ三兄弟を通過する列車の時間

無事、時間までに撮影ポイントに移動が完了し、ほっと胸をなでおろしました^^

さて、撮影場所を確保し後は列車が来るのを待つのみです。

アーチ橋は会津宮下駅のすぐ近くなので、列車が通過する時刻はほぼ時刻表通り。

アーチ三兄弟の撮影場所マップ

まず下り列車がAM9:10ごろに通過し、続いて上り列車がAM9:13ごろ通過します。ちなみにAM7時台も上下線が通過するので撮影しやすいですね。時間は7:30過ぎです。

会津宮下駅(下り)平日
http://www.jreast-timetable.jp/1807/timetable/tt0015/0015010.html

会津宮下駅(上り)平日
http://www.jreast-timetable.jp/1807/timetable/tt0015/0015020.html

そしてパシャリ。無事、アーチ三兄弟と只見線の列車を撮ることができました。

みやしたアーチ三兄弟と只見線

アーチ橋は上から国道252号線、JR只見線、そして県道237号線です。近くにアーチ橋を説明する看板もあります。

みやしたアーチ三兄弟の説明

長男がJR只見線で、次男が県道237号線、そして三男が国道252号線なんだそうな。上から長男かと思ったら、ちゃんと橋の完成日が元になってるんですね。

さて、これで列車とアーチ三兄弟を写真に収めることが出来たので、次は霧幻峡の渡しを目指して移動します。

どうも、気まま旅Lifeのこまのすけです。 みやしたアーチ三兄弟と只見線の列車をカメラに収めた次は、霧幻峡の渡しを目指します。 たぶ...

 気軽にコメントしてね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =

関連記事

会津さざえ堂と白虎隊 自刃の地である飯盛山

只見線を撮影するなら只見線第一橋梁がお手軽で、おすすめ

大正ロマンの雰囲気が今も残る七日町

霧幻峡の渡しと早戸温泉つるの湯

テキストのコピーはできません。