三重の滝の名所と言ったら赤目四十八滝。ここおすすめだよ。

どうも、気まま旅lifeのこまのすけです。

赤目四十八滝って知ってますか?

ぼくは子どもの頃、話によると2,3才の頃、ここに連れてきてもらったことがあるらしいです。

なので、いつか行こうと思っていて、やっと実現しました。あれから40年以上経ってますがw

赤目四十八滝は、全長4キロの川沿いを歩く遊歩道が整備されていて、ハイキングコースにもなってます。

4キロなんて大したことないだろうなって、思ってたんですが・・・

後半、階段のアップダウンがあって結構大変。これを当時のぼくは全部歩いたっていうんだから、凄いですね。過去のぼくはw

赤目四十八滝って、どんなとこ?

その名の通りで、大小合わせて滝がたくさんあるところです。赤目という地名の由来は、その昔、修験者が赤い眼をした牛に乗った不動明王に出会ったという伝説から来ているらしいです^^

また忍者の里である伊賀にも近いことから、忍者の里もあって忍者体験なんかもできます。

滝への道は、遊歩道が整備されているので、ほどよく歩きやすいコースになってました。

↓ こちらがハイキングコースマップです。

大きい滝は、不動滝、千手滝、布曳(ぬのびき)滝、荷担(にない)滝、琵琶滝の5つで、赤目五瀑と呼ばれています。

とにかく滝の数が多く紹介しきれませんので知りたい人は、公式サイトをチェックしてね。33滝(写真付きは25滝)が確認できるよ。

http://www.akame48taki.com/asobu/taki.html

四十八滝というだけあって歩けば、滝に当たるってくらい滝があるので、滝の写真を撮るにはうってつけかもね。

小さな滝

一眼レフを買うとやりたくなるのが、流れる水を写真に収めること。

こんな感じに、シャッタースピードを遅くして撮ると、流れる水が美しく表現できます。

遅いシャッタースピードで撮るので、三脚が欠かせなくなりますが、これが荷物になるんですよね^^

なのでたいてい持って行きません。この写真も柵か木を使って固定して撮ってます。

さて。

赤目四十八滝は、とても好きな雰囲気なので近くに住んでたら、ちょこちょこ来ると思う。

マイナスイオンたっぷりな感じが良いんですよね。

いろんなものに興味津々な子どもたちが元気よくあちこちを見て周ってるのも活気があっていいよね。

一応、実家は三重なんだけど、ここまで足を伸ばしたことなかったなw

赤目四十八滝の入り口は、日本サンショウウオセンターにあります。遊歩道への入山料は、大人400円、子供200円です。日本サンショウウオセンターへの入館料込みなので、そのままオオサンショウウオを鑑賞できます。

赤目四十八滝のハイキングコースマップのPDF版は、公式サイトのこちらのページにあります。

http://www.akame48taki.com/asobu/nijasato.html

赤目四十八滝への行き方と駐車場

車で行くなら、

名阪国道 上野ICから40分
名阪国道 針ICから30分

です。駐車場は赤目四十八滝前に有料駐車場があり、駐車料金は、800円です。

電車・バスなら、
近鉄赤目口駅から赤目滝行のバスで10分です。

住 所 三重県名張市赤目町長坂861-1
時 間 8:30~17:00(4月~11月)
9:00~16:30(12月~3月)
入山料 大人400円
小人(小中学生)200円

 気軽にコメントしてね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − four =

関連記事

三重の亀山を通るなら東海道五十三次 関宿に寄ってみては?

三重の絶景!世界遺産の一部である鬼ヶ城

三重に行ったら戦国時代を体験!テーマパーク 伊勢安土桃山城下街

写真スポット!日本有数の棚田が見られる丸山千枚田

三重の奇岩!獅子岩の完成度が高くてびっくり

熊野古道、人気No.1のおすすめコースを歩いてみたよ

テキストのコピーはできません。